フォト
無料ブログはココログ

« 去年を振り返ってみる | トップページ | ギター族 »

2017年8月24日 (木)

パブロ・マルケス先生との6年間

いつものように久しぶりの更新になってしまいました(汗)
今年の目標はなんだったんでしょう、、。

今年の6月をもって2年間の修士課程を終えることができました。
バッチェラーの4年間を合わせて計6年、パブロ先生の下での勉強が終わりました。
6年というのは長い時間ですが、あっという間に感じられました。しかし当然の事ながら、いつも順調というわけにはいかず、いろいろな面で落ち込んだ時期もありましたが、その度にパブロ先生は道から逸れてしまった自分をすっと戻してくれました。勿論、人生においては道に迷うことも必要なのだと思うのですが、ずっと迷いっぱなしではいけないですからね😅


6年間でパブロ先生から学んできた事は言い尽くせないほどありますが、やはり彼の演奏家としての姿勢や音楽を心から愛している様を間近で見るとこができたことが一番の得難い経験だったと思います。
本当に感謝の気持ちしかありません。

Img_1001_2

2人とも新しい相棒フランシスコ・シンプリシオをもって(先生のギターが1926年、僕のが1931年の作)

Img_1116

素晴らしいクラスメイトにも恵まれました!よく語り合ったものです。

今年の9月からは幸運なことにリュートの巨匠、ホプキンソン・スミスの下で勉強する事になりました。
バロックギターをメインにルネッサンスギターや19世紀ギターなどを勉強していきます。
モダンギターも並行して弾いていきますが、ホピー(ホプキンソン・スミスのニックネーム)は楽器を超えて音楽を教えれる人なので、9月からのレッスンがとても楽しみです。

« 去年を振り返ってみる | トップページ | ギター族 »

バーゼル音楽院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545392/71512986

この記事へのトラックバック一覧です: パブロ・マルケス先生との6年間:

« 去年を振り返ってみる | トップページ | ギター族 »