フォト
無料ブログはココログ

オフィシャルサイトが出来ました!

素敵なHPを作って頂きました!

まだ検索してもヒットしないと思うので、リンクを貼りますので是非ご覧くださいませ。

ギタリスト 松本富有樹 Official Site

 

12022016_mg_8594editareditar

 

サイトからブログの方にも飛べるのでそちらも是非!

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

レッスンに関するお問い合わせはHPのCONTACTのフォームからお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

オンラインレッスン可

 

2020年4月28日 (火)

レコーディング

先日福岡のうきは市にあるノアホールでソロCDの為のレコーディングを行いました。

レコーディングエンジニアの江島さんに紹介して頂き、ピアニストのエルウィン・プールストラさん、愛さん御夫妻のご好意で、素晴らしい場所で録音を録ることができました。

ホールは全て木で出来ており、中に入ると檜の香りで包まれます。

 

Img_1817 Img_1884

 

ホールの外は自然で囲まれていて空気がとても美味しかったです。録音の合間の休憩では良くリフレッシュ出来ました。

 

Img_1831 Img_1824

 

ソロでのレコーディングは初めてで最初は本当に録り終えることが出来るんだろうかと思いましたが、江島さんが根気強くフォローして下さり、なんとか3日間で録り終える事が出来ました。

1枚目のCDには留学先のバーゼルでのめり込み勉強したルネッサンス時代の音楽を挿れました。

リュートとヴィウエラの為に書かれた曲ですが、私は19世期ギターと現代のクラシックギターで収録しました。

 

Img_1956 Img_1957

 

楽譜は音符ではなく、全てタブラチュアで書かれています(数字またはアルファベット)

今編集作業をしているところで、リリースは7月か8月を予定しています。

楽しみにお待ち頂けると嬉しいです!

2020年4月 6日 (月)

レクチャーコンサート終了!

もう先月の話ですが、自分が講師を務めるエスポワール音楽院でレクチャーコンサートをしました。

レクチャーは初めてだったので緊張しましたが、なんとか無事に終えることができました。

Img_1675 Img_1677

使用した資料

 

ギターの歴史と楽器の違い、そして楽譜の違いなどをお話ししました。

結果的にバロックギターに関することが多くなってしまいましたが、日本ではまだまだ知られていない分野なのでこれからもどんどん発信していきたいなぁと思っています。

演奏会のお知らせ

コロナの影響で演奏会のキャンセルが相次いでいますが、演奏会のお知らせです。

6月なのでまだ様子を見ていかなければなりませんが、実現できることを願っています。

 

Img_1683

ゲストにギタリストの壇遼さんをお迎えしてのギターリサイタルです。

今回は古楽器ではなくてクラシックギターでのコンサートの予定です(19世紀ギターを使う可能性もあります)

愛器を語る

クラシックギター雑誌「現代ギター」の4月号に載せて頂きました。

愛器を語るというコーナーで何年も連載されていましたが、ここ最近はストップしていたみたいで、4月から再開にあたって取材して頂きました。

表紙は今年デビュー20周年を迎えられる大萩康司さん!

楽器は2年ほど前から愛用しているフランシスコ・シンプリシオ(バルセロナ1931年)です。

是非お買い求め頂けると嬉しいです!

Img_1680 Img_1681 Img_1678

 

2020年3月 2日 (月)

2つの演奏会

2つのコンサートのお知らせです。

 

1つは3月22日(日)にエスポワール音楽院にてレクチャーコンサートを致します。

ギターの歴史や当時使われていた楽譜のことなどをお話しします。

バロックギターと19世紀ギターを使ったミニコンサートも行いますので、是非お越しくださいませ!

限定10名ですので、お早めにご予約お願い致します。

Image_20200302185201

 

もう1つは4月4日(土)朝倉市にあるギャラリーコバコ(Gallery Cobaco)さんでこちらもバロックギターと19世紀ギターを使ったコンサートを致します。

以前一度演奏したことがあるのですが、素敵な空間でとても好きな場所の一つです。

また4月3日(金)〜5日(日)まで八女提灯展をされています。提灯の明かりをバックに演奏できるのはとても楽しみです。

コンサートは2回公演で1公演の定員は15名となっております。さらにコンサートの前後には日本酒飲み比べがあるそうなのでお時間のある方は是非!自分も飲みたいなぁ(笑)

 

3 Photo_20200302182801

 

皆様のお越しをお待ちしております!

2020年2月 1日 (土)

レッスン始めます♪

今月から福岡天神にてエスポワール音楽院の講師を努めさせていただくことになりました。

フランスのストラスブールに留学経験のある近藤史明先生が立ち上げ、今年の4月に本格オープン、2月から体験レッスンや入会のお勧めをしています。もちろん正規のレッスンも受け付けておりますので是非!

エスポワール音楽院のホームページのリンクです。

https://ems-fukuoka.com

クラシックギターはもちろん、ルネッサンスギター、バロックギター、19世紀ギターなど各時代のギターを学んでみたいという方も歓迎です

ダウンロード - e382a8e382b9e3839de383afe383bce383abe99fb3e6a5bde999a2e38391e383b3e38395e383ace38383e38388.pdf

 

                      Img_1638

2019年10月 9日 (水)

コンサートin韓国

今回は初めてビートルで韓国入りしました。

博多港から釜山まで3時間の旅でしたがとても快適でした。(ほぼほぼ寝ておりましたが汗)

 

韓国公演のチラシとプログラムを載せたいと思います。

プログラムは日本でも同じです。

44762dbe326d4668b44fe9582af075ae

 

From Switzerlandしかわかりませんがいい感じです!

 

デュオ

1. 恋人の墓の前で 2. 不安
J.K. メルツ (1806-1856)

タランテラ
N. Paganini (1782-1840) / M. Giuliani (1781-1829)

 

松本 ソロ

1. 涙の讃歌 2.愛の使い
F. シューベルト (1797-1828)

パヴァーヌ
マウリシウス (1573-1638)

南のソナチネ ・1楽章. 野の風景 2楽章. 唄 3楽章. 祭り
M. M. ポンセ (1882-1948)

 

ミソル ソロ
ロンデーニャ
R・サインス・デ・ラ・マーサ(1896-1981)

暁の鐘
E. サインス. デ. ラ. マーサ (1903-1982)

アルハンブラの思い出
F.タレガ (1852-1909)

 

デュオ

弦楽六重奏曲より第2楽章「テーマと変奏」Op. 18.
J. ブラームス (1833-1897)

スペイン舞曲第1番 (バレエ「はかなき人生」より)
M. De. ファリャ (1876-1946)

 

English
Duo
Am Grabe der Geliebten/ Unruhe
J.K. Mertz(1806-1856)

Fuyuki Solo
Lob der Thränen/ Liebesbothschaft
F. Schubert(1797-1828)

Pavin
Mauritius (1573-1638)

Sonatina Meridional 1. Campo 2. Copla 3. Fiesta
M.M. Ponce(1882-1948)

Misol Solo

Rondena
Regino Sainz de la Maza (1896-1981)

Campanas del Alba
Eduardo Sainz de la Maza (1903-1982)

Recuerdos de la Alhambra
F. Tarrega(1852-1909)

Duo

Thema con Variationi. Op. 18
J. Brahms(1833-1897)

Danse Espagnole No.1
From Ballet “La Vie Breve”

 

2019年9月19日 (木)

日韓若手音楽家交流コンサート

バーゼルでパブロ・マルケス先生のもとで共に勉強したミソルと3年ぶりの日韓ツアーです!

今回はソウル公演に始まり、大分、福岡、熊本、山形、岩手、横浜そして富山の8箇所で演奏いたします。

なかなかハードな日程なので体力もつけなければ。。

お互い3年前とどの様に変わっているのか、聴き合い弾き合うのが楽しみです。

Ab85a1a8af2c4e79803bf9d7834bf350
912684e59f2747f49a26fb50bc4a488b
現在日韓の関係は良いとは言えませんが、こういう時こそ両国で音楽をする意味があるのではないかと思っていますし、友であることに国や人種は関係ありません。
ソロとデュオを組み合わせてのプログラムです。皆さま是非足をお運びくださいませ!

コンサート

先月と今月、東京で二つのコンサートを終えてきました。

このブログでお知らせしておらずすみません🙇‍♂️

 

どちらのもバーゼルで出会った仲間とのコンサートでした!

ひとつ目は去年の夏にも日本で演奏会をしたメンバーでアンサンブル「ムジカ・レゴ」という名前をつけて、今後も本格的に活動を始めようということで、この夏も演奏会をしました。

今回は「ロマン派の夜明け」というタイトルで、19世紀初頭の作曲家の作品を取り上げました。

 

16ddbc6360564579af79df58d28a1d01

10b862076d2642c49f393246305b16d2

5db23ef8dce04ff995ddc7e448eb10c4
彼らはまだ留学中なので次回のコンサートは来年以降になると思いますが、メンバーも毎回固定するというわけではなくコンサートのテーマによって編成も変わってくると思うので、今後の演奏会を楽しみにお待ちくださいませ!
二つ目は去年ヴァイオリン科に入学した阪永珠水さんとのコンサート。
飲み助デュオとチラシに書かれており、飲み会を重ねるうちにコンサートをしようということに(笑)
ピリオド楽器とモダン楽器を使い分けての演奏会でした。
ひとつのコンサートで二つの異なる時代の楽器を聴くことが出来たという事で喜んで頂けたようです♪
1186430aac074531baf90a6823a077c9
457a279d3e99481c9d9cb29ddb8f8cf9

67c366c7cac6480e95037f1bc7af7865

«帰国、そしてこれから